トップ  > ブログ「キャリアの扉」  > 協働カレッジ事業「人材確保にツナグ!イクボス講座」を開催しました 2018.12.21

   

協働カレッジ事業「人材確保にツナグ!イクボス講座」を開催しました 2018.12.21

こんにちは
いつの間にか寒い季節になってしまいました。
以前のブログは9月の暑い時期。
あっという間に冬を迎えていたのですね。

だいぶご無沙汰していたのですが、11月の研修を振り返りたいと思います。
11月19日(月)指宿市内のとある職場さんが、イクボス研修に取り組んでくださいました。
この研修は、指宿市協働カレッジ事業として、働きやすい環境を作るための取り組みです。

※イクボスって???
部下や同僚等の育児や介護・ワークライフバランス等に配慮・理解のある上司

みなさまの職場では【イクボス】何人いますか?
自分のことを、今所属している仕事(JOB)だけではなく、それ以外の仕事・役割(WORK)も含めて理解していただけているでしょうか?理解してもらう努力は出来ているでしょうか?理解したいという気持ちは伝わっているでしょうか?
この研修はワーク・ライフ・バランスの考え方を中心とした学習となっています。

今回は6名の方がご参加くださいました。
研修後のアンケートから参加者さんの感想です。(抜粋)

*まずは個人の状況を知り、モチベーションを維持して会社で働きたいと思えるように配慮してあげたいと思った。

*ワークライフバランスが大切であり、スタッフ1人1人のWORKの部分までを知っておくという事を、もう少し丁寧に行っていこうと思いました。

*組織に必要である人材を育てるためには、何が必要とされるのか良く理解できました。個人と組織がお互いに理解できるような関係を作ることが理解できた。

*お互いに話し合う事が大事だと思いました。

*最初は体力(余裕)がある会社じゃないとイクボスは出来るのか?と思いました。しかし、相手の状況を知り会話・傾聴することにより信頼関係が生まれ、働きやすい会社に一歩進むと思います。イクボスが出来るようになりたい。

*奥の深い講座でした。もっとじっくり考えてみたいです。ワークライフバランスの考え方がとても面白く勉強したいと思います。聴く姿勢が勉強になりました。


たくさんの感想を書いてくださいました。ありがとうございます。

今後実践してみたいと思うこと。
*時間を決めて話し合う
*個人の状況を知り、スタッフで共有していきたい
*聴くことの技術を身につけられたらと思います。
*1人1人の人物像を良く理解し、職場にとっての人材確保に努めたいと思います。
*社会人基礎力の視点で人を見ることを実践してみたいと思います。
*傾聴、work作り
という、言葉もいただきました。

一歩ずつ出来るところから取り組んでいただけたら、嬉しく思います。

指宿市内での組織、企業、団体様などでイクボスに取り組んでみたいと思われるかたは、お問い合わせ&ご連絡くださいね。※今年度は平成31年3月までの事業となります。

メニュー

D-Linxs

〒 891-0405

鹿児島県指宿市湊1-1-1JR指宿駅2F

TEL:0993-22-1113

FAX:0993-22-1113

スマートフォンの上に置けちゃう便利ツール​
ストレス無く、お好きなツールから情報Get!
☆D-Linxsすまっぽん!☆https://smappon.jp/lmn3ys06
☆「D-Linxs通信」毎月発行

 
☆D-Linxs 公式facebook
☆D-Linxs 公式Twitter 
☆D-Linxs 公式Instagram