トップ  > 指宿(鹿児島)  > 10月3日【指宿】キャリア開発 読書会「生きるために大切なこと」

   

10月3日【指宿】キャリア開発 読書会「生きるために大切なこと」

この読書会は、働くうえで身につけておきたい【キャリア開発】に関する知識や考え方をテキストを読みながら学び合う読書会です。生きていくうえで、助けになる考え方を本を通じて、参加者さん同士の意見を通じて、学んでいきます。

第3シリーズ「生きるために大切なこと」を読み進めています。

毎月1回開催します。先に進むことが目標ではなく、じっくりと数ページずつ読み進めていきます。
予習の必要もないので事前に読んでいなくても大丈夫です。お気軽にご参加くださいね。
※各自、書籍はご準備ください。

 


 
  • テキスト本
    原典 生きるために大切なこと
    著者:アルフレッド・アドラー/訳:桜田直美

    出版:方丈社/税別1,400円/ISBN:978-4-908925-00-9
  ※テキストは各自でご準備ください。
  ※テキストが手に入らないかたは、事前にご連絡ください。

 
  • 内容 p176~​​​​​​
     
     9章 社会に適応するということ 
      ・仕事での成功
      ・恋愛と結婚への適応
      ・人生のすべてが社会の適応にかかわっている
      10章 共同体感覚、コモンセンス、劣等コンプレックス 
      ・劣等コンプレックスと共同体感覚の関係
      ・共同体感覚の欠如と犯罪
      ・学校を退学させられた少女
      ・成功できるかどうかは勇気で決まる
      ・家族に愛されなかった子供たちの問題
   ※どこまで進むかはその時々で変わります。じっくり焦らず進んでいきます。
 
日時  2018年10月3日(水) 19:00~21:00
会場  ディーリンクス 教室
 
鹿児島県指宿市湊1-1-1JR指宿駅2F
 
参加料  500円
定員  10名程度
進行  池元 正美 
 *D-Linxs代表/2級キャリア・コンサルティング技能士


-

9月の読書会はP167~P176を読み進めていきました。今回は家庭と学校と社会という視点での話でした。学校は家庭と社会を繋ぐ橋であるということから、社会に出る力を身につける場所。ただ、学校に適応できなくても、社会に適応できる子どもたちはいるのでは?という疑問から、学校だけではなくても自分の課題と向き合う時間が大切なんだということを考えていきました。そして「命」とは「運」とは「運命」とは。謙虚な態度とは。というような話になり、色々と考える時間でした。「社会参加、仕事、恋愛・結婚。これらの三大課題は、私たちの存在の核となる人間関係から生まれている。社会参加で大切なのは、私たちの他者への態度」という文面が印象に残りました。次回は仕事、恋愛・結婚の課題について読み深める時間となりそうです。(スタッフみなみ)

生きるために大切なこと

原典で読む、アドラー! 人は誰でも劣等感を持っている。
そして、そこから向上心が生まれるのだと説いたアドラー。
「今、ここにある自分」から出発し、自分を見つめ、自分と向き合うことで、他者とも向き合うことができるようになると、わかりやすい言葉で語りかける、アドラー自身による、アドラー心理学入門。
 
◆目次
1章 生きることの科学
2章 劣等コンプレックスとはなにか
3章 優等コンプレックスとはなにか
4章 ライフスタイル
5章 幼少期の記憶からわかること
6章 態度と体の動きからわかること
7章 夢とその解釈
8章 問題を抱えた子供と教育
9章 社会に適応するということ
10章 共同体感覚、コモンセンス、劣等コンプレックス
11章 恋愛と結婚

メニュー

D-Linxs

〒 891-0405

鹿児島県指宿市湊1-1-1JR指宿駅2F

TEL:0993-22-1113

FAX:0993-22-1113

スマートフォンの上に置けちゃう便利ツール​
ストレス無く、お好きなツールから情報Get!
☆D-Linxsすまっぽん!☆https://smappon.jp/lmn3ys06
☆「D-Linxs通信」毎月発行

 
☆D-Linxs 公式facebook
☆D-Linxs 公式Twitter 
☆D-Linxs 公式Instagram